« 小麦粘土 | トップページ | グルメな朝食 »

乳幼児期に大切なこと

すこやか親子公開セミナーの講演会『乳幼児期に大切なこと~子どもの脳力アップのために~』に参加した。
講師は小児科医の岸本裕子先生。

「能力」をあえて「脳力」とし、子どもの脳の発達で大切なことは何かということに焦点を当てた内容であった。
「脳力」アップのために大切な2本の柱は【睡眠】【食事】だという。
さち坊は、寝つきが悪くお昼寝もしないし夜更かし…しかもむら食いの好き嫌い…
これじゃあ「お利口さん」なんて無理じゃん!とがっかりしたママ。
でも大丈夫。
これらをリセットする方法もちゃんと聴いてきた。
大切なのは『早起き』だそうだ。
朝早く起き、朝日を浴び、朝食をしっかり摂る。
子どもは放っておけば自然に眠るというのは間違いだそうで、「寝かしつけ」は「躾」なのだそうだ。子どもが眠れる環境を整えなければ眠くならないという話を聞きママ納得。さち坊はまさにそう。自然と眠ってしまったことなんて生まれてから2回ほどだけ。

ママが一番興味を持ったのは、子どもの脳が育つのに重要な役割を持つ『セロトニン』という神経伝達物質。
睡眠や食欲など人間が生きていく上で基本となる働きをコントロールするそうで、穏やかな気分にしてくれる働きがあるため「癒しのホルモン」とも呼ばれるそうだ。
遅寝の弊害として『セロトニン』の分泌が低下するとイライラしたり攻撃性が強くなり感情のコントロールが困難になるそうだ。
これって、ママとさち坊に今足りないかも…本気でそう思った。
ちょっとのことでキーキー泣き叫ぶさち坊に、怒鳴りながら叱るママ…(反省)
じゃあ、『セロトニン』を増やすにはというと、
バランスのよい食事、太陽の光を浴びる、早寝早起き、リズム運動、ストレスのない生活、が重要なのだという。

『セロトニン』は食事から摂るアミノ酸から作られるので、食事は大切!
また、食事で『咀嚼』をすることにより、脳内ホルモンが分泌され学習記憶をよくするそうである。

つまり、《早起き、朝ご飯、早寝》
これが子どもの「脳力」アップのために大切なのである!

早速実践しよう、そう思ったママ。
でも、実は一番のキーポイントはママの早起きなのよね…
わが子のために、まずはママが早起きがんばらなくちゃ!

CoRichブログランキング

人気ブログランキング

|

« 小麦粘土 | トップページ | グルメな朝食 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205074/17026031

この記事へのトラックバック一覧です: 乳幼児期に大切なこと:

« 小麦粘土 | トップページ | グルメな朝食 »